にゃ?。直面する現実と課題:LTMとLSM?

駄文

にゃ?。直面する現実と課題:LTMとLSM?

【Watcherが展望する2007年】見える化からLTMへ 服部隆幸さん

「営業プロセスが見えて喜んだのは口うるさい管理型上司だけであった。入力を強要するほどに営業マンの士気は下がりやる気が失せていく。

見えたことで納品完結しようとするIT企業。使い方を研究しない導入企業。マーケティング不在のSFA。このことがSFAをダメにしているのだ。

顧客を公平差別してターゲティングした顧客との関係深化を軸にしたLTM(Life Time Management)が求められるようになる。その動きが顕在化する。

一定期間を区切りその間にたくさん購入した顧客を優良顧客とする過去のタイムスライス分析では,真の優良顧客を特定できないことが企業担当者にわかっている。

という分けで・・・

かかる意味で2007年はマーケティング理論が中心となったLTMシステムが台頭する。

LTM(Life Time Management)マネジメント=マーケティングもそうだし、もしくは、LSM(ライフ・スタイル・マーケティング)仕事上の、内側(社内)も外側(社外)も一緒だよ?。なんて思ったメモです。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す