diet coke and mentos display ?メントス実験 No.137?

広告

diet coke and mentos display ?メントス実験 No.137?

                                    <center><object width="425" height="350"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/0qw7ByxX0X8"></param><param name="wmode" value="transparent"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/0qw7ByxX0X8" type="application/x-shockwave-flash" wmode="transparent" width="425" height="350"></embed></object></center><br />

これはおもしろい!!ってかやりたいww

mentosGEYSERS.com

ダイエットコーラにメントスを入れると、最高で6メートルもの噴水が上がりますというのを実験!?したものですww

これの効果は凄まじく、日経BP NETによると、

———-

消費者参加のビデオ共有サイトでは、常に企業側の思惑通りに事が運ぶとは限らない。そこにはリスクもあるものの、様々な機会も存在する。突発事故のように予想もしない現象が起きた時、マーケッターはどう対応すべきだろうか。

今回は、チューイング・キャンデー「メントス」の製造元Perfetti VanMelle社(以下Perfetti社)の選んだ道を追ってみよう。

Perfetti社に転機が訪れたのは、今年2006年の初夏、メントスを使ったアマチュア・ビデオが公開され、ネット界が騒然となったころだろう。

個人が作った“実験”ビデオがネット界で騒然話題のビデオ 「メントス実験No.137」は、白衣をまとった2人の男性(プロの大道芸人と弁護士)が、ミント味のメントスをダイエット・コークに入れて発生した炭酸ガス効果により、高さ6メートルもの噴水を次々と起こす様子を披露している。

この「No.137」が登場する以前から、同じテーマの消費者投稿ビデオはいくつか存在していた。これらの先駆け的ビデオが、ビデオ共有サイトの普及を背景に一気に広がり、視聴者の“メントス実験”への参加を促した。これが、“ラスベガスのホテル・ベラージョの噴水を彷彿(ほうふつ)させる”壮絶なイルミネーション、「No.137」誕生の契機となった。そう、ここでも一連の騒動の立役者は、ビデオ共有サイトだったのだ。

プロをもうならせる圧倒的な完成度の高さで、「No.137」は多くのYouTubeユーザーを驚かせ、バイラル行動へと走らせた。同時に、「自分もやってみたい」と思わせる動機付け、メントスとダイエット・コークという安い素材で簡単にできること、誰もが自分の実験のビデオを見せられる場があることで、「No.137」はYouTubeの枠を超え、瞬く間にネット界全体の話題をさらい、社会現象へと発展していく。ビデオ公開翌日には、製作者のもとにTV番組の出演依頼や取材が殺到し、Googleにおける「メントス」という単語の検索件数は、公開後1週間の段階で142%上昇した。

———-

これですよ!!こういうものが本当の“インタラクティブマーケティング”におけるコミュニケーションですよ。実際、費用対効果は果てしなく良いでしょう。広告代理店は、こういったものを生み出す努力をしなければならない。しかし、現実は、「個人」が生み出す事が多い。では広告代理店の価値って?ってならない??(あまり変わらないかもしれませんが)特にネットでは。。
—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す