SNS”炎上”に見るCGMマーケティングの本質(所感)

広告

SNS”炎上”に見るCGMマーケティングの本質(所感)

ドコモPR用「SNS」 10日で「炎上」

『コンシューマーが求めるモノってなんでしょうか』

SNSやCGMの話題が尽きない昨今で、コンシューマーもそれを求めている気がするし、広告主もなんとか活用したいと考えている。そんな中、なぜ”炎上”するのでしょうか?と考えてみて、自分なりにまとめてみました。

?なぜ、TVを見るのでしょうか。

なぜTVを見るのか。それは、暇つぶしであったり、”好きな番組が見たい”から等いろいろとあるとは思いますが、作家さんやクリエイターさんや番組制作者の方々が必死に作ったエンターテイメントが面白いものであれば、見ますよね。それって、映画も一緒だと思うんです。面白そうだから、好きだから、”その番組を見る”コンシューマーが求めるモノって、それだと思うんです。一昔前まで、コンシューマーの求めるモノを市場調査したり、想像したりして、一方通行で送る。それを、コンシューマーも楽しんでいた。現在もそうだとは思いますが、インターネットの普及に伴い、ある種の”欲求”が表に出てきたように思います。”自分が主役になりたい!”

?なぜ、インターネットをするのでしょうか。

どんなイエスマンでも、絶対に選択はしますよね。「選択をする=自分が主役になる瞬間」だと思うんです。それが容易なのがインターネット。自分が気に入らなければ、すぐに違うページへ行けるし、気に入れば、のめり込める。それこそ、自分と知らない誰かと知らない誰かと友達と友達の友達と、企業とコミュニケーションを取る楽しさ。書き込みをしている瞬間は、まさに”自分が主役になる瞬間”ですよね。皆がそれぞれの瞬間で主役になれる。素晴らしい双方向性を持った手段、それがインターネットだと思うんです。私も、このブログを始めて、一ヶ月くらいですが、1日の平均アクセス数が35くらいで、土日は50を越えて、すごいうれしいと思いますし。そういった特性をきちんととらえて。

コンシューマーが求めているモノをきっちりと理解した上で、仕掛けを考えて、ハンドリングして。。恐れずにチャレンジしてみたいものですね。きちんとコンシューマーは判断してくれます。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す