「自然検索1位」キーワードのリスティング出稿は無意味?

広告

「自然検索1位」キーワードのリスティング出稿は無意味?

                                    <p>リスティング広告に出稿するキーワードを選定するにあたり、自然検索(通常の Web 検索)において掲載順位1位を獲得しているキーワードは出稿する必要が無いという意見をしばしば耳にする。自然検索結果ですでに1位を獲得しているので費用を払ってまで上位に広告を出したくないであるとか、リスティングに出稿しなくても、自然検索の検索結果から誘導を確保できるだろうということを理由として挙げられるが、果たして自然検索で1位を獲得しているキーワードはリスティング広告に出稿する必要は無いのだろうか。<br /><br />

ここで言われる、「自然検索1位の場合にリスティング広告を出稿しなくても良い理由」では誘導数に重点を置いて考えられている。しかし、そもそも有料検索と自然検索は別のものであり、特性に違いがあるので両者の違いを考慮した上で判断しなくては、機会損失の発生や、意図せずにコストを浪費してしまうというリスクがある。

「有料検索と自然検索の特性の違い」であるが、“意図”を込められるか否かということと、“即時性”ということが違いとして挙げることができる・・・

詳しくはこちら

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す