”広告の無駄を省く” -ネット広告で『情報流』変革-

広告

”広告の無駄を省く” -ネット広告で『情報流』変革-

 「グーグルは素晴らしいといっても、収益源は結局のところ単なる広告費」と冷ややかな声があるが、これは大間違いだ。そもそもあらゆる事業は何かを売ることで成り立っている。

 世界の広告費市場は約4千2百80億ドルとされるが、そのうち2千2百億ドルが無駄に消費されているともいわれている。

 インターネットは、こうした広告の無駄を省くのに非常に適した媒体だ。例えば、「ペイ・パー・クリック」。その広告をクリックした時点で広告費が発生するサービスがある。他にはネットでの通販やサービス提供をしない事業(小規模商店、医師、会計士など)に対しては、サイト上に”チラシ”を

置き、それを見た人が印刷した時点で広告費をとる「ペイ・パー・プリント」がある。

 従来、多くの企業は製品の5?10%にしか広告費を使っていなかったとされる。しかし、成果報酬型広告であればニッチ製品でも情報発信でき、広告ニーズそのものが広がると期待される。

日経産業新聞より。。

→多くの人に知ってもらいたい(知っている人は多いと思いますが、地方ではまだまだかなぁと思ったので)と思い掲載しました。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す