仮想通貨はじめて1ヶ月で考えたこと、取引所や注目仮想通貨について

仮想通貨

仮想通貨はじめて1ヶ月で考えたこと、取引所や注目仮想通貨について

2017年末からお金のことをちゃんと考えようと思うようになり、以前から契約している積立型の終身保険の他に、投資をよくしている先輩にも恵まれいろいろと教えて頂きながら株式・投資信託・FXなどと一緒に仮想通貨(暗号通貨)についても調べはじめました。

大前提として、人間だもの。そりゃぁお金は欲しいです。笑

ただ、調べていくうちに、仮想通貨(暗号通貨)に当初抱いていたイメージ(知らないがゆえの嫌悪感)とは違い、無数にある通貨の中にはとても優れたビジョンを持っていて、かつ通貨としてだけではなく、様々な「問題」を「解決」するために作られたものも多くある。ということを知りました。

基本的には月跨ぎのお金は持たない主義(全くかっこよくないw)なので、それならいっそのこと何か興味ひかれるものに投資(投機)しようと思いたち、調べれば調べるほど仮想通貨(暗号通貨)に興味を持つようになりました。

いま広く普及している「インターネット」の一面をとても大雑把なに書くと「直接繋げること」が挙げられると思っているのですが、仮想通貨(暗号通貨)はブロックチェーンという技術をベースに、より一層「直接繋げる」ことがしやすくなったのだなと感じています。

仮想通貨(暗号通貨)は、通貨の取引から国際送金、電気の取引・クラウドストレージの取引・ゲームの取引・著作権を守ったり、さらに仮想通貨から生まれる銀行など様々なことを安全に、かつ一人ひとりの人間やPCを「直接繋ぐ」ことを促進しているんじゃないかなという気がします。

もちろん、企業と企業や、企業と人とも同じです。直接繋ぎやすくなっていくことで、世の中のちょっとした「不自由」がほんの少しづつ「自由」になり、それが数年を経て当たり前に変わった時に、また一段と様変わりした世界が生まれるんだろうという気がします。インターネットが出来て、iPhoneが出来て、気がついたら当たり前が変わっていた。というように。

仮想通貨の取引所について

後述する私が個人的に注目している仮想通貨(暗号通貨)をはじめ、いろいろと勉強していくうちに、「まずは買ってみないと分からないな」とか「ちょっとお試ししてみよう」という気持ちが芽生えた時に、すぐに仮想通貨(暗号通貨)を買うことはできません。

仮想通貨(暗号通貨)の取引所は国内・国外に多数存在していますが、まずは日本の取引所に登録しなければ日本円の入金ができず、はじめることが出来ません。しかも、登録して利用開始まで「身分証明書による本人確認」が必要ですので、はじめるまでに時間もかかってしまいます。

そこで、やるやらないは別としてまずは登録して本人確認まで完了させる。というのがいいかなと自分の経験上思います。すごく気になる仮想通貨を見つけたので安いうちに早く買いたいのに登録が完了する前に値上がっちゃった!という悔しい思いをしたことが2回ほどありますのでw

加えて、大人気の取引所(Binanceなど)はあまりにも新規登録者が多すぎて新規登録の受付を停止することもありますので、そういった意味でもまずは登録と本人確認だけでも終わらせておくことをおすすめします。興味がわかなければ放置するか、解約すればいいですし。

日本国内の仮想通貨取引所

Coincheck

日本国内の取引所で最大手のようです。ビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨以外に、リップル・ネム・リスク・ライトコイン・ファクトム・モネロ・オーガー・Zキャッシュ・DASHなどのアルトコイン(日本別称:草コイン)の取扱数が日本国内だと一番多く、利用者も多い取引所です。私はこのコインチェックで「リップル」と「リスク」という仮想通貨を保有しています。

Bitflyer

同じく日本国内の取引所です。海外の取引所に送金するためには主にビットコインかイーサリアムを購入して、送金する必要があります。ビットフライヤーは(今だけかもしれませんが)イーサリアムの送金手数料が無料でしたので、私はビットフライヤーに日本円を入金してイーサリアムを購入した後、香港の取引所Binanceに送金しています。

他にも「毎月積み立て投資ができるZaif」や「FXみたいにレバレッジ取引ができるGMOコイン」、「独自のトークンQASHが人気のQUOINEX」、そして「2018年1月11日に開始したばかりのDMMビットコイン」なんかもあります。

海外の仮想通貨取引所

先ほど少し触れましたが、海外の取引所に日本円で入金することは出来ないため、ビットコインやイーサリアムを日本で購入して、海外の取引所の自分のビットコインやイーサリアム口座宛に送金する必要があります。

  1. 日本国内の取引所に日本円を入金
    ※銀行振込 < Payeasy < クレジットカードの順で手数料が安いと思いますがよく計算ください。
    ※銀行振り込み以外は預かり資産の送金停止期間があったりするので注意書きをよくご覧ください。
  2. 日本国内の取引所でビットコインやイーサリアムを購入
  3. 海外の取引所のビットコインやイーサリアムの入金口座番号を確認
  4. 日本国内の取引所から海外の取引所にビットコインやイーサリアムを送金
    ※送金アドレスを間違えて資産が消失、また送金遅延等ご留意・自己判断くださいね。

こんな感じでビットコインやイーサリアムを海外取引所に送金し、ビットコインやイーサリアムでその他のオルトコイン(草コイン)と呼ばれる仮想通貨を購入することができます。

海外の人気取引所は特に新規登録が集中しがちで登録自体を停止することもありますので、新規登録出来るときにサクッと登録しておくのがおすすめです。パスポートによる本人確認も必要になりますが、まずはメールアドレス等の登録まででもやっておくのがおすすめです。

Binance(バイナンス)

香港の取引所で、設立半年で世界最大の取扱高にまで登りつめた取引所です。取り扱い通貨が非常に多く、取引手数料の低さがウリになっています。(主だったページは日本語にも対応しています。)私はこちらの取引所で、先ほど書きましたBitflyerから送金したイーサリアムを使って「トロン」や「Fun Fair」や「ステラルーメン」などを保有しています。
※新規登録受付を停止している可能性もありますので、出来るときに登録しておきましょう。

Spectrocoin(スペクトロコイン)

ロンドンの取引所です。なんというか普通の取引所です。(日本語対応しています)個人的にいいなと思ったICO(Initial Coin Offering)がこのスペクトロコインでのみ上場してましたので登録しました。後述しますが、Bankera(BNK)という「仮想通貨の銀行」を目指す会社が2018年2月末までを目処にICOしています。

Cryptopia(クリプトピア)

取扱高が世界最大級の取引所です。取り扱っている仮想通貨数も多いのでとりあえず登録してます。

CuCoin(クーコイン)

同じく取り扱いの通貨数が多い大手の取引所です。こちらも新規登録が停止される前に一応登録だけしています。

他にも、「日本発仮想通貨のBitzenyを取り扱っているCryptoBridge(クリプトブリッジ)」や「世界最大の取り扱い通貨数を誇るBITTREX」に「世界最大規模の取扱高を誇るPoloniex」などがあります。

※取引所が破綻したりすると資産が消失(「GOXする」と言うらしい)しますので自分の大切な資産を預ける取引所は慎重に見極めましょう。

注目している仮想通貨について

最後に記載するCoinGekoやCoin Statsアプリなどに様々な仮想通貨の概要や供給量や現在のレートなんかがまとまってますので、読み漁って調べています。

自分の中でルールは大きく2つあり、一つ目は資金も少額なので1コイン50円以下の仮想通貨を中心に概要を調べます。二つ目はそれで気になる通貨があったら検索し、どんな通貨なのかをホワイトペーパーなどを読んで勉強します。

そこで「応援したいな」「将来性がありそうだな」と思ったらお気に入りに入れてチャートをウォッチしたり、Twitterで検索したりしてさらに情報収集します。そして複数のお気に入り通貨の中から購入する通貨を決めています。

※仮想通貨の取引は最悪の場合資産がゼロになるリスクもあり得ると思いますので投資判断はご自身でするためにも、しっかりと下調べをしましょう。

リップル(XRP)

コインチェックBinanceなどで買えます。最近はたくさん取り扱う取引所もどんどん増えているみたいですね。

リップルは企業が運営する仮想通貨(暗号通貨)。日本ではSBIホールディングスとの合弁会社があり、三菱東京UFJ銀行などの銀行が同社のサービスに参画しています。どんどん銀行との提携を進めているのでニュース等で見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

私がベトナムに駐在していたときに、ちょっぴり国際送金の不便さを感じていたので、「国際送金」のソリューションとして登場した仮想通貨(暗号通貨)。というところに興味をひかれます。
参考:https://coinnews.jp/articles/670

トロン(TRX)

Binanceで買えます。ゲームの取引に使える仮想通貨(暗号通貨)なのですが、代表のJustinさんがTwitter等で積極的に情報発信をしていて、なりふり構わずとても努力している姿勢が見えるところがスタートアップっぽくて好感持てます。どこまで大手ゲーム会社と提携していけるか、というところにかかっていると思いますが、応援してますのでがんばってほしいです。
参考:https://bitcoin-yoro.com/altcoin/tron

リスク(LSK)

コインチェックBinanceなどで買えます。分散化型アプリケーションプラットフォームで、政府に例えるなら中央集権ではなく地方分権、つまり個人と個人の繋がりで中央が存在しない状態を目指しているところがテクノロジーっぽくて共感が持てます。

2017年まではリスク・バージョン0.8だったとのことで、2018年にようやくバージョン1.0がリリースされるとのこと。それに伴うリブランディングでマーケティング投資を強化し、その他複数のプロダクトをリリースする予定とのことでとても有望視されていると思います。
参考:http://coinpost.jp/?p=9318

ステラ(XLM)

Binanceなどで買えます。リップルをベースとして開発されており、リップルが対法人企業(銀行など)向けなのに対して、ステラは個人向けの国境を超えた送金や決裁に特価しているのが特徴です。急激な価格変動を抑えるためにマーケットに出回る通貨量を定期的に増やすなどの工夫もされているそうです。
参考:https://bitcoin-yoro.com/altcoin/stellar

Fun Fair(FUN)

Binanceなどで買えます。オンライン・ゲーミング、つまりカジノ向けの仮想通貨(暗号通貨)です。カジノ好きとしては応援したいな・・・という安直な感じです。笑

カジノ向けだと、エイダ(ADA)やオーガー(REP)といった仮想通貨(暗号通貨)があり、既に盛り上がっているようですが、1コインあたりの価格が一番低く、一番新しく生まれたカジノ向け通貨なので応援しています。
参考:http://www.btc-worker.com/entry/post-401/

Bankera(BNK)

SpectroCoinでのみ買えます。仮想通貨の銀行を目指している会社のICOです。2018年2月末までICOしていて、この記事を書いている時点で既に4万人が参加しているそうです。仮想通貨ネム(XEM)を創った人がアドバイザーで入っていたりして運営チームがしっかりしていること、また日本語での広報活動等を鑑みて応援したいなーと思いました。
参考:Bankera

Bitzeny(ZNY)

CryptoBridgeという取引所などで買えます。日本の国産仮想通貨で、モナコイン(2ちゃんねる発の投げ銭コイン)同様に投げ銭(寄付)用に作られたコインです。日本国内の取引所には上場してません。CPUだけで採掘できるのが特徴という以外特に特徴はありません。笑

私は仮想通貨(暗号通貨)の採掘(マイニング)もやってみたかったですので、記事を書いている時点で効率が良いこのコインを、私個人のPCとVPSサーバーを使って採掘しています。仮想通貨の採掘(マイニング)については後述します。
参考:https://coinnews.jp/articles/556

シールド(XSH)

CryptoBridgeなどで買えます。私はビットゼニーを採掘(マイニング)してCryptoBridgeに送金し、そのビットゼニーをこのシールド(XSH)に両替しています。

シールドはTwitterやFacebookなどのSNSで使われることを目指しています。ビットコインなどの仮想通貨は「どこに送金したのか」といった情報がオープンになっているのですが、シールドは「利用者のプライバシーを守る」ための匿名性保持の特徴があります。
参考:https://nomad-btc.com/shield

仮想通貨のマイニングについて

果報は寝て待て。ということで、採掘(マイニング)をしている先輩の話しを聞いていると気になりだしましたので自分でも仮想通貨(暗号通貨)の採掘(マイニング)をしてみました。

最初はマイニングってなんのこっちゃ。と思っていたのですが、自分のPCや、良い感じのグラフィックボードで自分で組み上げたサーバー、VPSなどのクラウドサーバーなんかの「計算能力」を提供することで仮想通貨(暗号通貨)を動かす原動力とし、その報酬としてマイニングした仮想通貨(暗号通貨)が貰える。ということのようです。

ここでは簡単に紹介だけしてみたいと思いますが、仮想通貨のマイニングに関して別記事書きましたのでこちらもご参照下さい。

HashFlare

エストニアにある世界最大級のクラウドマイニングサービス。用意するのはビットコインやイーサリアムといった仮想通貨(暗号通貨)だけで、Hash Coin社が持っているサーバーを借りる代わりに、ビットコインやイーサリアムを支払ってマイニングします。

支払ったビットコインやイーサリアムよりも、マイニングしたビットコインやイーサリアムの方が多ければ黒字。ということですね。利用者が黒字にならないとサービスとして成り立たないので、いまのところ黒字で推移できるみたいです。

ただ、サービス契約のためにはビットコインやイーサリアムが必要ですので、前述しました取引所でビットコインやイーサリアムを用意する必要があります。

MinerGate

余裕が出来たら詳しく書きますが、採掘(マイニング)をするにはマイニングプール(POOL)への登録が必要です。イメージとして、仮想通貨と採掘者(マイナー)を結ぶ中間サービスのようなもので、こういったマイニングプールに登録し、労働者(ワーカー)として、自分のPCやVPSサーバー等々で採掘作業をします。MinerGateはそんなマイニングプールの大手です。記事を書いている現在、Zcash・ビットコインゴールド・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ビットコイン・ライトコイン・バイトコイン・モネロ・デジタルノート・Aeon等に対応しています。(CPUだけで掘れるのはモネロ/MONEROやイーオン/Aeonがあります)

Bitzeny(ZNY)

前述しました日本の国産仮想通貨(暗号通貨)です。個人のPCなんかのCPUだけでもマイニングできることから人気急上昇みたいです。やり方は気が向いたら書いてみたいと思いますが、検索するといくらでも出てくるので参考サイトをご参照ください。 BitZenyのマイニング方法書きましたのでこちらをご覧ください。

記事を書いている時点では黒字でビットゼニーをマイニング出来ていますが、人気が出てマイニングする人が(私も含め)急増していますので、そのうち効率が下がるかもしれませんね。
参考:https://xn--u9j013golmz9dk9be21cst1au0f.biz/bitzeny-vps-mining

また、VPSサーバーを使ったマイニングが広まっているため、新規登録を停止している会社も多いですが、記事を書いている時点で私も契約できているオトクなVPSサーバーを2つご紹介します。

ConoHa

GMOが提供しているVPSサービスで、上記リンクから登録するとキャンペーンで割引が受けられると思います。(キャンペーン終了してるかもしれませんので事前にご確認ください)

Cloud at Cost

通常サーバーを借りる時は月額いくらといった月額課金だと思いますが、Cloud at Costは驚愕の「買い切り型」です。買い切り価格とは別途で年間9ドルの維持費がかかりますが、月に1ドル以下なんて破格の安さに驚きます。ただ安いものには・・・ということで性能は低く、よくサーバーが落ちますwメンテナンスが発生する前提でお試しくらいの気持ちがいいでしょうね。ちなみに私は12core分購入して2coreずつ6台のサーバーで回しています。

参考サイトや使っているアプリ

CoinGeko(WEBサイト)

仮想通貨(暗号通貨)の相場を調べる時に使います。時価総額順で並べ替えてみたり、通貨毎のチャートを見たり、概要や取り扱っている取引所を調べてたりできます。ただ、各取引所毎に通貨の価格は違うためあくまで参考値になると思います。

Coin Stats(リンクはiOSアプリ)

CoinGekoと同様に各通貨のチャートやお気に入りに入れる機能に加えて、自分が購入した仮想通貨(暗号通貨)の通貨数を登録してその時の相場で円換算し、取引所を横断して今現在どれくらいの資産があるかポートフォリオ管理してます。他にも似たようなアプリがいくつかありますが、私はこれが使い勝手良かったです。

Authenticator(リンクはiOSアプリ)

Googleの二段階認証用アプリです。各種取引所の登録時にセキュリティを高めるために使うことが多いです。

Ledger Nano S

仮想通貨(暗号通貨)を保管するためのハードウェアです。仮想通貨の取引で1億円以上の利益を得た人を「億り人」と言うらしいですが、そこまでいかないまでも多くの資産が出来た場合、取引所に預けていたら破綻して消失したり、ハッキングされたらどうしよう。みたいな不安もあると思います。

もちろんハードウェアを買ったとしても絶対はないですし、何かの手違いで消失してしまうこともあるかもしれません。それでもオフラインで保存しておけば少なくともハッキングや取引所の破綻での消失は防げるのかな。ということで、いつかもしかたくさん利益が出たら買うかもしれません。笑
※保管したい仮想通貨が対応しているかは公式サイトをご確認ください。
 
 
 
仮想通貨をはじめてみてから1ヶ月、いろいろと勉強してみてきたことを一度アウトプットしてみたくなったので書き出したら大変長くなりました。笑

たくさん儲かったら利益は雑所得扱いで年間20万円を超えると確定申告が必要になるみたいですのでご注意下さいませ。(私は税金あんまりよくわからないので、そのうち勉強しますw)

勉強してみて思ったことは、やっぱり何かしら盛り上がっているというか、それはニュースの多さや資金の集まり方や参加する人の多さだったりするんだろうけれど、自分でやってみて、そして勉強してみないとわかんないなーという、当たり前のことを思い出すきっかけになりました。歳のせいかな?なんか最近はそういうこと、ちょっと疎かにしていた気がします。反省。

そう、なぜジンギスカンの画像かと言いますと、なんか勢いあるじゃないですか、ジンギスカン。ジュージュー焼いてガツガツ食べて。おいしかったなージンギスカン@札幌の夜。

この記事は後からちょくちょく更新するかもしれません。それではまたー。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介: 1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す