ベトナム人は「一緒に何かを飲む」ことを大切にする。

ベトナム 仕事

ベトナム人は「一緒に何かを飲む」ことを大切にする。

海外に住んでいると「異国の文化を受け入れられる人がグローバル人財である」みたいな話しやストレスコントロールのことなどをたまにジョブフェアななんかで聞いたりしますが、先日、通訳の面接をしていた時に言われてハッと思い出したことがありました。その時のやりとりはざっくりとこんな感じです。
 
 

私:

ベトナム人と日本人との間に立って問題が起こったことはありますか?

通訳者:

それは…たくさんあります(苦笑い)まず文化が違いますのでその違いでチームの雰囲気が良くなったりも悪くなったりもして仕事に影響が出てきます。例えば「ベトナム人は一緒に何かを飲む」ということをとても大切にします。それは飲み会でもいいですし、お昼時に一緒にコーヒーを飲むでもいいのですが、高い頻度で一緒に何かを飲むということを求めます。日本人はそんなことよりも仕事しようとなりますが、ベトナム人は一緒に働く人とのそういったコミュニケーションも仕事の一部なんです。(補足含む)
 
 
思い返せばベトナムに初めて来た頃は毎日のようにベトナム人も日本人も一緒にランチを食べたりカフェに行ったり、夜はローカルのビアホイ(半屋外でビールを飲む一般的な居酒屋のような場所)に行って浴びるようにビールを飲んだり、休みの日でも朝食やランチへ一緒に行っていたことを思い出しました。また、ベトナムに来たばかりだったのでいろいろと心を配ってくれて、車で1時間半くらい離れた場所で日帰り観光に連れて行ってもらったことも何度かあります。

飲み会はもちろんのこと、社員旅行や部活動、週末に近郊を一緒に観光することもそうですが、同じ会社の人と仲の良い家族のような付き合い方をするんだなーと感じた覚えがあります。私は体験したこと無いですが、一昔前の日本とそっくりだと言う人が多いですね。ベトナム人は一緒に何かを飲むことを大切にするというよりも、ベトナム人は一緒に何かを飲むことを期待する。という方が表現的に近いかもしれません。

ただ、この毎日が続くと結構キツイwベトナムに来たばかりの頃とか、たまに出張で来る時くらいならいいんですが、ベトナムに住んでずっと暮らしている中で、最初はとても美味しく感じられたベトナム料理もさすがに飽きてきますし、薄味で飲みやすかったビールもだんだん受け付けられなくなってきますw

誰でも少なからずいろんな努力をしているとは思いますが、それでも馴染んで日常のように溶け込んでいる人もいれば、全く関わらないようにしている人もいます。何を選択するかは人それぞれですが、ベトナムに来た当初のことを思い出したのと、言われてハッとしたことなのでメモがてら書き残しておきます。
 
 
ハノイについての詳しい情報は「【ハノイ旅行】オススメのお店・観光地・ベトナム語・豆知識72選」をご参照ください。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

1 comment

コメントを残す