英語が無理でも海外旅行をスマートにこなすスマホ活用術

旅行 海外

英語が無理でも海外旅行をスマートにこなすスマホ活用術

私は旅行に行って見知らぬ街を散策したり、ぶらぶらと歩きながら歴史的な建造物や街並みや食事などの写真を撮ってチェックインしたりするのが好きなのですが、最近は海外に住んでいるということもあって日本国外に旅行に行くことが多いです。

いつも必要最低限に絞って飛行機の機内に持ち込める手荷物だけを持ち、英語すら話せなくてもサクッと出掛けられるようにiPhoneを使い倒しますので、私がいつも活用しているやり方をご紹介します。下記を読んでみて、もし「もっとこうした方が楽でいいよ!」ということがあればぜひ教えてくださーい。
 
 

海外旅行のスマホ術!準備編

Googleで「地名+観光」と検索

Google検索パリ観光

ご存知な方も多いかもしれませんが、画像のように例えば「パリ 観光」と検索するとパリの観光地がたくさんリストとして表示されます。これを参考に一見して興味が湧いた観光スポットをどんどんピックアップしていきます。

観光地をGoogle Mapに保存

GoogleMapパリ

Googleからの情報ですので、これらの観光スポットには住所が紐付いています。そこで、各観光スポットをGoogle Mapで開いて観光地の詳細情報のところにある「保存」ボタンを押します。保存ボタンを押すと星が付きますのでどこにあるのか一目瞭然ですね。こうやってどんどん星を追加していくと、星と星の距離も分かりますので旅行の予定がなんとなく決まります。この星の中でも絶対に行きたい!と思う場所なども予め決めておきましょう。ホテルの場所も保存しておくと便利です。

Google Mapアプリで地図をオフライン保存する

Google Map オフライン保存

スマホのGoogle Mapアプリには地図をダウンロードする機能が付いています(ダウンロード出来ないエリアもあります)ので、自分が旅行に行く都市の地図を自分の端末に保存しておきましょう。上記はAndroid版での動きですが、iPhone版でもメニュー画面に「オフラインエリア」という項目がありますので、オフラインエリアの画面から「+」ボタンを押して地図からエリアを決めて保存しておきましょう。オフラインエリアで保存しておくと、SIMカードが無くて通信が出来ない状態でも地図を見ることが出来、さらにGPSは生きていますので自分の現在地もちゃんと示してくれます。これで知らない土地でも迷うことはありませんね。

トリップアドバイザーで飲食店ランキングを確認

トリップアドバイザーパリグルメ

旅行をしたら現地のおいしい料理を食べたいものだと思います。そこで活用したいのが全世界のクチコミ情報が集まるトリップアドバイザーです。トリップアドバイザーもその都市の情報をまるごと端末にダウンロード出来ますので、オフラインでも利用可能です。スマホから見る場合はまず行きたい都市名を検索してダウンロードボタンを押し端末に保存しておきます。PCから見た時には行きたい都市のグルメランキングを表示して好きなお店を探してみましょう。トリップアドバイザーにお気に入り登録してもいいですし、観光スポットを追加するのと同じ要領でGoogle mapに星を付けていくと地図上で確認出来るので便利です。

NAVITIME Transitでオフライン路線検索

NAVITIME Transit

電車がある都市の場合は電車に乗って移動することもあると思いますが、17カ国分の乗り換え案内アプリを出している NAVITIME Transit に旅行に行く都市のアプリがあれば、オフラインで乗り換え案内を利用することが出来ます。Google Mapで駅名を確認して、NAVITIME Transit で路線検索をすれば見知らぬ土地で電車に乗ることだって簡単です。2016年2月現在の対応国(都市)はロンドン、バンコク、パリ、ドイツ、香港/マカオ、ローマ、ジャカルタ、韓国、クアラルンプール、北欧、マニラ、アメリカ、上海、シンガポール、バルセロナ、スイス、台湾でした。その他の地域も対応を進めているみたいでしたのでチェックしてみると良いと思います。

スカイスキャナーで航空券検索予約

スカイスキャナー

スカイスキャナーはPC版とアプリ版がありますが、私はとても良く使っています。出発地と目的地と日付を入力して検索すると、各航空会社のオフィシャルページの値段はもちろん、複数のチケットサービス会社を横断して比較することが可能です。また意外とよく使う機能として、出発地だけを入力して全ての目的地から安い順にソートするという機能があります。例えば現在住んでいるベトナムのハノイから出発する場合、ベトナム国内が一番安くて次にバンコク・香港・マニラ・ラオス・といった具合に検索できます。また、自分の検索履歴を元に検討している日付のフライトの金額が変わった場合にメールで通知してくれるといった便利機能も付いています。

Agoda か Booking.com でホテルを予約

agoda

ホテルを予約する時は AgodaBooking.com が安くてお得だと思います。同じホテルでもホテル予約サービスによっては金額が変わりますので両方検索してみましょう。この2つのサービスのアプリはよくアップデートもしていますのでとても使いやすいです。また予約する時にクレジットカードを事前支払いも可能ですし、予約した後のバウチャーがメールで発行されるのに加えてアプリ上からも確認することが出来ます。

Googleカレンダーに自動登録

Googleカレンダー
フライトチケットやホテルを予約した時に発行されるバウチャーの受け取り先メールアドレスをGmailにしておくと、(Agoda や Booking.comなど)利用するサービスによっては自動的に旅程をGoogle カレンダーに追加してくれます。自分で旅行の予定をカレンダーに入力しなくてもいいので楽ですし、ホテルの場合はGoogle Map上のホテル情報に何日から何日まで宿泊するのかまで表示されますのでさらに便利です。

バウチャーをオフライン保存

hotelVoucher

航空券やホテルのバウチャーって印刷していますか?私は紙を持ち歩くのがめんどくさいのでいつもiPhoneの中に入れて必要な時に提出しています。バウチャーを画像にしてiPhoneのカメラロールに保存しても良いですし、DropboxGoogle Drive などのクラウドストレージに保存した後、スマホからDropboxやGoogle Driveのアプリを開いて「オフライン保存」をすればいつでも取り出すことが可能です。

為替のレートを確認

XE Currency

海外旅行する時に気になるのが為替レートですね。この xe Currency アプリを使えばいろんな国の通貨を横断して計算することが可能です。例えば日本円を選択し電卓から10,000円と入力します。すると為替計算をした最新の時点での為替レートを反映して、USD 87.75 といった具体に表示してくれます。また円とドルの2通貨だけの計算ではなくって円とドル・ドン・バーツ・香港ドル・ユーロ…といった具合に基軸にしている通貨を元に複数の国の為替レートを同時に表示してくれます。私は8カ国分の通貨を常時表示していて、基軸通貨を日本円1万円にして1万円が8カ国でいくらになるのかをチェックしています。

電源変換アダプタを購入

World Adapter MUV USB
海外は日本コンセントの形と違うことの方が多いですので日本のコンセント用の家電を使用する場合は電源の変換アダプタを使う事になります。(電圧は別)そこで私が重宝しているアダプタを紹介します。World Adapter MUV USB というのですが、全世界のコンセントの形に対応していてUSBポートが2つも付いているのに小型の電源変換アダプタです。海外旅行の時には必ず持ち歩いているのですが、残念ながら日本では売っていません…。クアラルンプールの空港とAir Asiaの機内で見かけましたので、もし行かれる場合はゲットすると良いと思います。他にも売っている場所をご存知でしたらぜひ教えてくださーい。
 
 

海外旅行のスマホ術!当日編

SIMカードを購入

simcard

もしもSIMフリー端末をお持ちでしたら迷わず空港でSIMカードを買いましょう!大抵の空港にその国でモバイル通信が出来るSIMカードが売っています。もしもSIMフリー端末では無い場合は、現地のSIMカードを購入して挿入するとWi-Fiで飛ばすことが出来るモバイルWi-Fiルーターを購入するのも1つの手だと思います。旅の途中で予定変更したり写真をアップしたり、またどうしても言葉通じない時にGoogle翻訳を使用したり、画像検索して現地の人に画像を見せるだけで意思疎通が図れたりしますので非常に便利です。やはりインターネット最高ですw

写真を撮影してFacebookやInstagramに投稿

iPhonePhotographer

私が好きだからというのはありますがw旅行中にいろんな観光地を回って写真を撮る機会もあると思います。私の場合はだいたいその場で写真をInstagramとFacebookにアップしながら旅を続けることが多いのですが、写真をアップしているとそれを見た人が「近くにこんなのもあるよー」みたいな感じで教えてくれるので、全然知らなかった素晴らしいものに出会えたりします。私はそういう偶然も好きなので写真を撮ってアップしながら旅をしています。

現地の人に聞くのが一番

Question

例えば空港から市内に向かうバスはどこですか?みたいなこともインフォメーションセンターの人に聞くのが一番ですね。スマホがあればGoogle Mapの行きたい場所を指さして聞くだけで相手には伝わりますし、どうしても、、という時にはGoogle翻訳や画像検索なども駆使して質問します。言葉が分からなかったり初めての土地だったりすると不安になりますが、聞くと大抵の人はやさしく答えてくれます。但し、逆に相手から話しかけてくる場合は基本的に注意したほうが良いですね。観光客狙いの犯罪の場合もありますので気をつけましょう。

言葉が通じない時はボディーラングエッジ

gesture

言葉が通じなくてもジェスチャーやボディーラングエッジで十分通じたりします。例えばお店で欲しいものがある時に「これください」と日本語で言っても欲しいものを指差していれば相手には伝わります。トイレに行きたい時に非英語圏で「トイレ」の発音が伝わらなくて困ったときも股間に手を当てるだけで一発で伝わりますw旅の恥はかきすてなので気にせずにおもいっきり全身で表現すると良いと思います。(笑い取れますw)
 
 
以上、思いの外長文になってしまいましたが…何かの役に立てればなーと思いますでした。




Booking.com
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

名古屋在住・住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。世界のいろんな街を歩きながら、歴史的建造物や風景や食事などをInstagramで撮るのが好き。撮りためた旅行写真はこちら。お仕事のご依頼はこちら