物流系のよさげなサービスに出会えた「TECH IN ASIA TOUR 2015 “ROAD TO TOKYO” in Bankok」

スタートアップ タイ

物流系のよさげなサービスに出会えた「TECH IN ASIA TOUR 2015 “ROAD TO TOKYO” in Bankok」

どうもお久しぶりです。無事カジノからの卒業を果たした湯浅です。久しぶりのブログですが、ネタが5つくらいあるので今月は書いていこうかなと思います。

早速ですが、7月16日にバンコクで開催された「TECH IN ASIA TOUR 2015 “ROAD TO TOKYO” in Bankok」に行って来ましたのでそのピッチのスライドまとめおよび感想など書いてみたいと思います。(運営側のレポートはリンクをご参照ください)

TECH IN ASIA TOUR 2015 “ROAD TO TOKYO” in Bankok

審査員の方々はこんなメーンバーで、全員ファンド系の方でした。

  • ADRIAN STEWART
    • Partner, Galaxy Ventures Co., Ltd
  • JEFFREY PAINE
    • Founding Partner, Golden Gate Ventures
  • KRATING POONPOL
    • Venture Partner, 500 TukTuks
  • KOICHI SAITO
    • Founder and General Partner, KK Fund
  • PATAI PADUNGTIN
    • Principal / Evangelist, BUILK

あ、はじめに出落ちですが、ピッチをやった4社も審査員も、総じて今ひとつって感じでした。みんな頑張ってたんですけどね。審査員は「Galb Taxiみたいなー」しか言わないし、ピッチに参加した4社中3社は営業戦略なく尖ったアイデアも無くといった感じでしたが、1社だけなかなかいい目をしていて、既に実績も出し始めているスタートアップがあったので結果満足です。

TECH IN ASIA TOUR 2015 “ROAD TO TOKYO

30席くらいの狭いスペースでしたが、立ち見が部屋の外まで続いていて結構な熱気でしたよ。ちなみに、「ROAD TO TOKYO」は4社ピッチでしたが、「ROAD TO SINGAPORE」のバンコク予選は20社くらい参加して大盛況だったみたいです。たまたまなのか、東南アジアの人々はシンガポールを見ているのか、それはそれで面白いなぁと思います。

さて、最初に一番良かったなぁと思う「Smipter」です。既にリリースから半年経過しており、直近の6月の取引数が9,000件を超える実績も出しています。上記の写真はスライドショーになっていますので、当日のピッチの全スライドが入っていると思います。(以下その他の会社も同じくスライドショーです)

Smipterはいわば物流版Uberのようなサービスでした。フリーランスの配達屋さんをネットワークしており、ECなどで商品を購入した後の、EC事業者→倉庫間 or 倉庫→消費者間の細分化されたどちらかの配達を担います。

現状では運送会社で働く人が登録しているみたいで、荷物が無い場合や余裕がある場合に配達を請け負っているようです。例えばベトナムのGetJobDoneのように、通常は会社で働き、空き時間を使ってフリーランサーとしてFacebookページの運用を担ったり、自分の得意分野を活かしたプラスαの収益源を作っているところが個人的には注目する点だなーと感じました。

但し、既存の物流業者に対する優位性については触れられなかったことが懸念ではありますが、非物流人材(例えば通勤中に運ぶとか、タクシーとか)をフリーランサーとして組み込み、EC事業者も個人事業主から対応するとか、越境ECのハンドキャリー軍団を指揮するとか関わる人の粒度が細かくなったら面白いなーと思った。

今後、絶対起こる金銭や運ぶ荷の紛失などといったトラブルをどう解決していくのかとか、また資金次第ではでっかい倉庫借りて規模の論理で押し通してみたりするのかとか、いろいろ課題も多そうだけれど、それらを乗り越えた姿を見てみたいなと。

ちなみに、ファンドの人のコメントはGrab TaxiとかUberに売却することを考えたらみたいな事を言っててこの人○×△…ry)

続いて会計系サービスの「Peak Engine」です。
freeeのようになんでも自動化しちゃう系の会計サービスだと思ったのですが、オンライン版の弥生会計のようなものみたいでした。

お次は旅行系でB2Bマーケットプレイスの「Very Local Trip」。
meetripみたいなC2Cなものかとおもいきや旅行会社のタイ旅行ツアーを並べたマーケットプレイスだっのと、B向けの営業戦略などには触れられず目立った特徴は無かったなー。

最後は金価格連動型BitCoin的な「Midas Rezerv」。これが優勝したんですよねー。。。
Blockchain方式採用で、金価格連動って、特に特筆すべきなところはなかったように感じたので謎。しかも、まだサービスは出来ていなくってアイデアレベルのピッチでしたが、今回の審査員のファンドの方には刺さったようでした。。
 
 
 
そんな感じで、初めて海外のスタートアップのピッチイベントに顔を出してみたのですが、英語が全く分からない私でもスライドとスピーカーの顔を見ていたらなんとなく分かるものなんだなーと感じて良い経験になりました。語学力が足りずに勘違いしている点などあればご指摘頂ければ助かります。最後に、一緒に参加させて頂いて、要所要所で内容を教えて頂いたO氏に感謝です。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]