オフショア開発の会社は先進国起業家と組んで技術投資をしてみると良いかもしれない

アイデア スタートアップ ベトナム 海外

オフショア開発の会社は先進国起業家と組んで技術投資をしてみると良いかもしれない

先日、技術を投資する「TECH FUND」というサービスを見つけて思ったのですが、私みたいにプログラミング出来無い人間からすると、とてもとても有り難いですね。もちろんアイデアだけではなくって、ゼロイチ企画からMoq Up、マーケやマネタイズ手法くらいまで落とすスキルが無いといけないとは思いますけど。

逆に、私がもしオフショア開発の会社の人間だったとしたら(ベトナム法人に出張駐在しているのですが事業が違うので)日本の投資ファンドに技術を売りに行くかな、って思いました。

投資会社にはたくさんの案件があると思うのですが、その中でプログラマーのリソース問題で実現出来無かったり、リリースが遅れてしまったりするものがあると思うんですよね。もしくは、チームにプログラマがいないから投資出来無い案件とか。

そういう案件に対して、受託開発で費用を頂くのではなく、リソースを提供する代わりに株なのか社債なのかレベニューシェアなのかを将来への投資として契約する。案件の事業将来性を見抜く目は投資ファンドを通しながら身につけて、実際に開発するプログラマーにとっては先進各国の起業家目線に触れさせることも狙うかな。(もちろん、人財リソースを提供するのもお金がかかるものなので慎重になると思いますが…。)

それかシンプルに投資ファンド向けに受託開発の提案をしても良いかもしれないですね。スタートアップでの開発はうまくいかなかったり、仕様変更も多々あるでしょうし、とても良い経験になる気がします。

もしくは、企画やアイデア・仕様書その他は起業家が出し、オフショアの開発会社が技術サポートの役割をして、海外の大学生が開発するというスキームも作ったら面白そうですね。大学の実習授業の一貫として取り入れるとか。

いろんなスキームでスタートアップのハードルが下がると、たくさんの素晴らしいアイデアが世の中に生み出され、ワクワクさせてくれそうですね。ということで、TECH FUND さんにも期待です。

 
 
ハノイについての詳しい情報は「【ハノイ旅行】オススメのお店・観光地・ベトナム語・豆知識72選」をご参照ください。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す