一保堂の玉露「天下一」

グルメ 旅行

一保堂の玉露「天下一」

濃厚、という言葉は、まさしくこの為にあるのではないか。それくらい濃厚な味でした。

一保堂

一保堂の玉露「天下一」

一見すると、薄そうな、ただの日本茶にしか見えない。
けれど、熱いお湯を、二つのコップに分けて60度くらいまで冷まし、
それからきゅうすに注いでさらに1分と10秒待ってから飲む玉露「天下一」は、
まさしく「濃厚」という表現がぴったりとはまるほどの濃く、おいしいお味でした。
京都の軟水で、この、「一保堂」という場所で飲むから、その街の雰囲気、
水、建物、全てが五感を通して、この「天下一」の至極の一滴に繋がっている。

—–
EXTENDED BODY:



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す