「2人でお酒4杯=9500円」払っても良いという層

ビジネス 広告

「2人でお酒4杯=9500円」払っても良いという層

先日、福岡は、薬院にある、完全会員制BAR主催のパーティに行ってきた。

ここは、会員の“同伴”でなければ入れないという、一見さんお断りのBARです。このお店には、「看板」というものが一切無く、大きな、シンプルな自動ドア(壁・鍵付き)を一枚隔てて、非日常の世界へと連れて行ってくれる。

まず、予約をし、大きな門の前で、インターホンを鳴らす。すると、自動ドアが開き、中からお出迎えがある。もちろん、会員制だけあって、「2人でお酒4杯=9500円」という、(福岡では特に)破格のお値段を支払う。

しかし、だから(いわゆる)「お金持ち」ばかりがお客さんなのかと言うと(もちろんそういった人も大勢いますが)そうではない。自分のライフスタイルの中で、例えば、【特別な日であれば、口説きたい女性と一緒なら、それだけの金額を払っても良い】という層がここに来ているようだ。

というわけで、福岡発全国区の某カジュアルジュエリーや福岡で有名なホテル、高級会社の福岡支社がスポンサードしてた。

こういった概念は、ターゲティングは、今までの「マスマーケティング」の中では無い。年齢・性別・年収などほとんど関係ない。昔から、こういった層は存在するのだが、(当時はそれで良かったのでしょうが)今まで見向きもされていなかったという事自体、画一化されたマーケティングしか展開されていなかった、つまり、サボっていたという証拠では無いだろうか。

これからは、そうはいかない。インターネットの普及・消費者インサイトの変化により、よりインタラクティブなコミュニケーションが必要になり、また、SNSやUGC(ユーザー発信型コンテンツ)といった、「ソフト面での変化」が顕著に現れ、今後、「ハード面での進化」が成れば、世の中の仕組み事態が変わる。今は、そこに向かってもがく時期だ。

残念な事に、この事に、「見て見ぬふり」または、「まったく気づきもしない」大人達が多すぎる。(あえて、大人達と書きましたw)いづれ、変化を受け入れざるをえない時が来ると思いますが、私は、今、この事を共感できる人達と一緒に頑張って行きたい。と思います。より早く。より新しく。。。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す