会社員から独立(フリーランス)すると決意したきっかけと心境を吐露してみます。

仕事

会社員から独立(フリーランス)すると決意したきっかけと心境を吐露してみます。

2013年7月1日から独立してフリーランス(個人事業主)になります。

自分の思い描くサービスをつくっていく為に、まずは自分で稼ぎ、ゆくゆくは法人化したいと考えています。

と、そこまでに至ったここ数ヶ月の心境の変化やきっかけを吐露してみたいと思います。
 
 


 
 
今年の3月くらいでしょうか。なんだろう、今自分が生きていて、何か意味があるのかな。なんてことを考えるようになっていました。

mixiがオープン化したことをきかっけに今から3年半くらい前に仲間や先輩方とチームを組んで作った「恋する方言」。この体験あたりから、どうしてもいつかは自分のサービスを世に出したいという想いがずっと心のどこかにひっかかっていました。

いつかやろうと思いながらも月日は経ってしまい、それがオーバーヒートして「生きている意味」なんて悶々と考えだすようになってました。(ある先輩からは「あぁ、答えがないやつねwww」って言われましたがw)

すがるような想いで夜会員になったコワーキングスペースの「Open Network Space」でしたが、会員になるためにスペースを訪れてから刺激的な出来事がたくさんありました。

まず最初に説明を聞きに行った時には、リーンアナリティクス著者のAristair Sroll氏が来日して講演していたところに紛れ込ませて頂き、さらにプログラマの技術情報をシェアするQiitaのミートアップイベントとたまたまた遭遇したり。

最初はほんとにみんなめちゃくちゃ輝いて見えて、憧れで胸がいっぱいになりました。だって、みんな(相当苦労しているのでしょうけれど)自分たちがやりたいことを実現して邁進しているのですから。
 
 

 
 
そんなQiitaのミートアップで胸がいっぱいになった後、歩いて帰りながらONE OK LOCKのアルバム「人生?僕=」を聞いていると、この「the same as…」という曲が頭の中に飛び込んできて、なんだか「なんで自分はあのステージに立っていないんだろう」って気持ちが湧いてきてめっちゃ泣いちゃったんですよね。

代官山から、中目黒まで歩いて帰る道すがらに。
 
 


 
 
その後、悶々としながらもOpen Network Spaceに通って GameApps の記事更新を続けていたある日、4月上旬にカンブリア宮殿で放映されてた孫泰蔵氏の姿を観て衝動的に事業アイデアを応募した MOVIDA さんの Seed Acceleration Program で書類選考合格の通知が届いたんです。

メールを読み返すと日付は2013年5月21日でした。もう、天地がひっくり返るほど驚きましたw

プランだけ応募したのでプロトタイプも無いし、衝動的に応募したのでチームも無い。面接では落ちるだろうけれど(結果面接で落ちたのですが)なんだか私の頭の中に黒船がやってきた気分になりましたw

そこから毎日、とにかく多方面で活躍されている先輩方に毎日毎日会いに行きました。とてもたくさんのアドバイスを頂きました。そして、私の周りにはとても多くの起業家がいて、既にとても活躍されているという事に改めて気付きました。

一緒にやらないかと声をかけて頂くこともたくさんありました。私は、独立したい意志をひたすらいろんな方に伝えました。そんな中で、仮にフリーランスでも法人を作っても、社員になってもなんでもいいから一緒にやろうって言ってくる人と出会い、独立を決めました。
 
 
鶴岡八幡宮おみくじ

いろんな方のお話しをひたすら聞きまくる毎日の中で2013年6月1日に友達と行った「鶴岡八幡宮」で引いたおみくじに書いてあった言葉です。

あぁ、神様も背中押してくれてる。なんて都合よく解釈しながら、でも、やっぱり一度、成功しようと失敗しようと、自分で独立してやってみるということをしないと私は自分で自分が納得出来ないし、何歳になっても後悔し続けるだろうな。そう考え、決意を深めていきました。
 
 


 
 
私は誕生日が9月8日なので、

もう気がつけばあと2ヶ月と少しで30歳になるんだって気付いた時。

30歳目前、でもまだ20代。

最近はよく冗談で周りの人に言っているのですが、

「20代最後の青春」と思って、

2013年7月1日(月)から、まずはひたすらに、頑張ってみます。
 
 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Tetsunori Yuasa

Tetsunori Yuasa

自己紹介
1983年9月8日 福岡県生まれ・名古屋在住。住んだことがあるのは福岡・大阪・東京・ハノイ。すきなことは、たび / うたう / ねる / みる / よむこと。世界旅行記はこちら。フリーでお仕事のご依頼はこちら。連絡先はこちら [email protected]

コメントを残す